ホーム > 活用事例 > プレスリリースに導入する場合
活用事例

プレスリリースへのCMS導入事例手作業の更新からのヒューマンミスを未然に阻止念願の携帯サイト運営が可能に 高いSEO効果

プレスリリースへプロリリースを導入頂く場合の導入シュミレーションです。
すべてを手作業で更新されているお客様の場合の導入メリットです。導入のご参考にしてください。

手作業での更新の問題点・・・

そんな問題もプロリリースだと解決!!

関連箇所が自動更新・自動生成ヒューマンミスも起こりません。
画像管理ツールやエディター機能でワード感覚の編集
記事を追加するだけで [記事の自動生成・記事一覧の更新] [ヘッドラインモジュールリアルタイム更新] [RSS自動配信] が自動的に行われます。ワードを作成する感覚で記事の更新ができるようになり、リンクをはるのも簡単です。更に画像の管理も一元化され分かりやすくなります。また、ツールはPDF等のファイルにも対応しており、ファイルへのリンクも簡単!
デザインそのまま!必要な部分だけをCMS化できる!
ヘッドラインモジュールでシステム化しなくても好きなところにお知らせ一覧が表示できる
デザインそのままで、部分的にCMSできるのがプロリリース。現在のWEBサイトに一行タグを追加するだけでリアルタイム更新のお知らせ一覧を掲載することが出来ます。
導入・移行が簡単!CSVアップロードツールで瞬間移行
CSV形式というExcelデータに今までの記事を入力。するとこのCSVアップロードツールにより、 プロリリースへデータをインポートできます。なので移行らくらく!
PCサイトのついでに携帯サイトも更新出来るから手間がかからない
3キャリア対応の携帯サイトCMS機能も搭載!絵文字も対応しています。記事を作成する際に「携帯へ表示」にチェックを入れると PCサイトの記事の内容が携帯サイトにも反映されます。携帯用に文字修正することも可能なのでついでに更新ができ、手間がかからない
さらに高いSEO効果で検索サイトへの反映も早い!
SEO対策を施してあるので、通常の静的HTMLを作成しアップするよりも早く検索サイトへ登録されます。


IR/株主情報の場合

CMSの導入を検討されているお客様。いますぐお申し込み・資料請求を!プロリリースCMSのお申し込みプロリリースCMSの資料請求

デモサイト
お申込み お申し込みの流れ お問い合わせ